オンラインショップ

なぜ、四万十川の天然鮎はおいしいのか

それは、四万十川というエネルギーのある川のコケを食べているからです。四万十川の流域には湧き水が多く、支流以外の随所からも綺麗な水が供給されています。手つかずの山間から流れ込む湧き水は、多くのミネラル分を含んでいます。

ミネラル豊富で清浄な四万十川のコケを食べて育った鮎やツガニは雑味なく、自然の旨みと香りを含んでいます。鮎はよく「川を食べる」魚だと言われます。天然鮎はさまざまな川に生息していますが、天然だからと言って全ての鮎がおいしいとは限りません。やはり、川にエネルギーがあり、そのコケを食べる鮎がおいしいと言われています。

そのなかでも、「日本最後の清流」と言われる四万十川でできるコケを食べて成長した鮎は、独特のコケの香りを発し、「さすが、四万十の天然の鮎です」と多くの皆様に好評を頂いております。

鮎

四万十川の天然ものだけをお届けします。

四万十川でとれた天然ものだけを取り扱う「鮎市場」は、高知県西部、四万十川中流域にあります。昭和31年からずっと四万十川の漁師と共に天然ものを扱ってきました。鮎、うなぎ、川えび、つがに。すべて天然ものです。

河原でのみけ

冷凍便でお届けいたします

鮎市場は、四万十川の中流域にあるため、漁師さんが鮎をとるとすぐに鮎市場へ持ってきてくれます。新鮮さを保つため入荷し次第、すぐに冷凍しています。新鮮な四万十川の天然鮎を、ご家庭でもお気軽にお楽しみください。

漁師とともに

おすすめのレシピ

鮎の塩焼き

天然鮎の塩焼き

①鮎は解凍せず、お好みの分量で、塩をふりかけてください。

②遠火で焦げないように焼いてください。(魚焼きグリルでもOK)

③お好みで醤油、ゆずなどをかけてお召し上がりください。

鮎めし

鮎めし

①鮎を焼きます。

②炊飯器に、米、お酒、醬油、好きな具材(きのこ、人参、油揚げなど)、焼いた鮎を入れ、炊きます。

③お好みでネギをちらしてお召し上がりください。

四万十の味をご家庭でお試しください

いまの世の中は流通が盛んになり、新鮮な海の魚が山奥まで届く時代になりました。ただ鮎に関しては、今も天然ものではなく、養殖が90%以上の割合で、市場に出回っていると言います。天然に限らず、「四万十で育った」という味をぜひ一度、興味のある方に食べて頂きたいと思っています。

四万十川の天然鮎

名称 鮎(冷凍)

内容量

500g(4~6匹)

1kg(8~12匹)

鮎の塩焼きのレシピつき!